ホーム > 社会 > インスピレーションで注文

インスピレーションで注文

現実にノートパソコンの前に座り、上がったり下がったりしているマーケットを目を向けていると、何やら注文をしなければいけないという抑えようの無い感情が生まれる場面も少なくありません。

 

だけど、はっきりしない衝動で取引するのだけは決してしてはいけません。

 

知っての通り、マーケットは1日中常時いずれかで外国為替相場は動いているし為替レートも常時上がったり下がったりします。

 

とは言っても、何回も取引をするとその回数分だけ損失が生じる可能性が高くなってしまいます。

 

言うまでもなく、売買の回数を積む事でじょじょに稼げる確率が五分五分になるのは事実。

 

しかしこの事は「漠然としたインスピレーションで注文」してしまうこととは別の問題です。

 

注文回数を増やすというのは自ら「ここは勝てる」と考える確信を得た状況での売り買いの回数を積むという意味です。

 

特段の理由も無く、売買を積むのとは違う。

 

マーケットの戦いに勝利するためには、考えて緩急をつけることこそが肝心です。

 

「ここだ!」とよく考えた相場の時には持っているポジションを積み増して積極的に儲けを求めます。

 

「ちょっと悩ましいマーケットで、どう上げ下げするのかわからないな」と感じたならば、ポジションを閉じて何もしません。

 

これぐらいの緩急をつけた方が、最終的に売り買いはうまくいきます。

 

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

まさにその通り。

 

外国為替相場とは何も常にポジションを持っていることが大切ではなく、どれも保有せず静観していることも必要です。

 

それでは、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

 

第1に言われるのが先述した通り、今のマーケットが理解できない時です。

 

今から上がるのか下がるのか明確でない時は何も考えず行動すると、思い描いた筋書きとは違った方向に為替相場が動いてしまい、損してしまいます。

 

そのため、こうしたケースではポジションを整理してそのままの状態で見ているだけが最良の選択です。

 

次に、自分自身の体の調子が思わしくない時です。

http://yaplog.jp/6ega/

健康状態と為替相場に関係しないと考える投資家もいるでしょうが実際にはかなり影響を与えます。

 

体の調子が変な時は、市場の決断しなければいけない場面で必要不可欠な判断を下すことができなくなります。

 

気分が乗らない時は取引から目をそらす事も大切な事です。

 


関連記事

  1. 私の便秘解消法はこれでした

    しつこい便秘ってどうしていますか?私の便秘解消は、なるべく空腹になってから食べる...

  2. インスピレーションで注文

    現実にノートパソコンの前に座り、上がったり下がったりしているマーケットを目を向け...

  3. テスト

    テスト記事です。...